本文へスキップ

厚生労働省の保険調剤の薬局個別指導の指摘事項です。保険薬局・保険薬剤師への個別指導への帯同は、指導監査に強い弁護士にご相談下さい。

電話での相談のご予約・お問い合わせはTEL.03-5925-8437
平日:9時30分〜17時30分

16 厚生労働省の個別指導(2):薬局保険調剤の指摘事項

薬局の個別指導に強い弁護士の鈴木陽介です。


ここでは、厚生労働省の薬局個別指導(特定共同指導・共同指導)での、調剤、調剤技術料、薬学管理料、事務的事項などの指摘事項をご紹介します。薬局の共同指導は、基本的には、薬局の通常の保険個別指導と同様の流れで実施されており、仕組みも概ね同様です。

指摘事項は、厚生労働省の公表資料「平成30年度 特定共同指導・共同指導(薬局)における主な指摘事項」に基づいており、弁護士が適宜修正等しています。保険調剤の薬局への個別指導については、以下のコラムもご覧いただければ幸いです。

【コラム】薬局の個別指導と監査の上手な対応法

平成30年度 特定共同指導・共同指導(薬局)指摘事項

 目次

1 調剤全般に関する事項
2 調剤技術料に関する事項
3 薬学管理料に関する事項
4 事務的事項
5 その他


 1 調剤全般に関する事項

処方内容に関する薬学的確認
・処方内容について確認を適切に行っていない。(処方医への疑義照会を行っているものの、その内容を薬剤服用歴等に記載していないものを含む。)
(例:禁忌例への使用が疑われるもの、承認内容と異なる用法・用量で処方されているもの、過量投与が疑われるもの、投与期限の上限が設けられている医薬品の上限を超えて処方されているもの、重複投薬が疑われるもの 等)

調剤
・後発医薬品への変更調剤を適切に行っていない。
(例:後発医薬品を希望している患者に対して、先発医薬品から後発医薬品への変更可能な処方せんであって、当該処方に係る後発医薬品を支給可能又は備蓄しているにもかかわらず、先発医薬品を調剤している。)

調剤済処方せんの取扱い
・調剤済み年月日の記載がない。
・保険薬剤師の署名又は姓名の記載、押印がない。

 2 調剤技術料に関する事項

一包化加算
・治療上の必要性が認められない場合に算定している。
・医師の了解を得た上で行ったものではない場合に算定している。

自家製剤加算
・調剤した医薬品と同一剤形及び同一規格を有する医薬品が薬価基準に収載されている場合に算定している。
・調剤録等に製剤工程を記載していない。

 3 薬学管理料に関する事項

薬剤服用歴管理指導料
・特定薬剤管理指導料の算定について、受付時に事務員がレセプトコンピュータへ入力を行っている。
・処方せんの受付後、薬を取りそろえる前に薬剤師が患者等に行う確認が行われていない、又は事務員が代行している。
(例:服薬状況、残薬状況、患者の服薬中の体調の変化、併用薬等の情報、他科受診の有無、副作用が疑われる症状の有無)

薬剤服用歴の記録
・薬剤服用歴の記録を最終の記入の日から3年間保存していない。
・必要な事項の記載がない。
(例:アレルギー歴、副作用歴、服薬状況、残薬の状況、後発医薬品の使用に関する患者の意向、服薬指導の要点 等)
・薬剤服用歴への記載が、指導後速やかに完了していない。

経時的に薬剤の記録が記入できる薬剤の記録用の手帳(おくすり手帳)
・患者のアレルギー歴及び副作用歴の記載がない。

薬剤服用歴の記録(電磁的記録の場合)の保存等
・特定のIDを複数の職員が使用している。
・定期的に職員に対し個人情報の安全管理に関する教育訓練を行っていない。

麻薬管理指導加算
・薬剤服用歴の記録に指導の要点を記載していない。
・麻薬による鎮痛等の効果及び副作用の有無の確認を行っていない。

特定薬剤管理指導加算
・特に安全管理が必要な医薬品に該当しない医薬品について算定している。
・特に安全管理が必要な医薬品が複数処方されている場合に、その全てについての必要な薬学的管理及び指導を行っていない。
・対象となる医薬品に関して患者又はその家族等に対して確認した内容及び行った指導の要点を薬剤服用歴の記録に記載していない。

かかりつけ薬剤師指導料
・患者の同意を得た旨を薬剤服用歴に記載していない。
・患者の署名付きの同意書が作成されていない。(患者の配偶者の署名のみ)

 4 事務的事項

・届出事項の変更が速やかに行われていない。
・掲示や一部負担金等の取扱いが不適切である。

 5 その他

・調剤報酬明細書の記載内容に誤りがある。


厚生労働省の個別指導・共同指導に望む薬局の方は、お電話下さい。指導への対応を弁護士がアドバイスし、指導に同席します。

厚生労働省の薬局個別指導のコラム


薬局・薬剤師の個別指導、監査のコラムの一覧です。
厚生労働省の保険調剤での薬局個別指導の指摘事項のほか、保険薬局の取消しの実例などご紹介しています。
個別指導(薬局)の際に、また日常の薬局運営にご活用下さい。

 薬局の指導監査

1 薬局の個別指導と監査

 保険薬局・保険薬剤師の取消の実例

1  保険薬局・薬剤師の取消の実例(1):情報提供の個別指導

2  保険薬局・薬剤師の取消の実例(2):無資格調剤による取消

3  保険薬局・薬剤師の取消の実例(3):監査拒否による取消処分

4  保険薬局・薬剤師の取消の実例(4):虚偽の処方せんの不正請求

5  保険薬局・薬剤師の取消の実例(5):別薬局の調剤分の不正請求

6  保険薬局・薬剤師の取消の実例(6):医院の個別指導からの監査

7  保険薬局・薬剤師の取消の実例(7):架空請求有罪判決での監査

8  保険薬局・薬剤師の取消の実例(8):処方せん付替えの不正請求

 薬局の個別指導での指摘事項

関東信越厚生局の指摘事項
 平成26年度
1  関東信越厚生局の個別指導(1):調剤、調剤録、調剤技術料

2  関東信越厚生局の個別指導(2):薬学管理料、請求事務

 平成27年度
3  関東信越厚生局の個別指導(3):調剤内容、処方せん

4  関東信越厚生局の個別指導(4):薬剤服用歴、明細書

 平成28年度
5  関東信越厚生局の個別指導(5):調剤技術料、薬学管理料

6  関東信越厚生局の個別指導(6):届出事項、一部負担金

東海北陸厚生局の指摘事項
7  東海北陸厚生局の個別指導(1):処方せん、調剤

8  東海北陸厚生局の個別指導(2):調剤録、調剤技術料

9  東海北陸厚生局の個別指導(3):薬学管理料

10 東海北陸厚生局の個別指導(4):届出事項、掲示事項

近畿厚生局の指摘事項
11 近畿厚生局の個別指導(1):処方せん、調剤、調剤録

12 近畿厚生局の個別指導(2):調剤技術料、調剤基本料

13 近畿厚生局の個別指導(3):薬剤服用歴管理指導料

14 近畿厚生局の個別指導(4):届出・掲示事項、一部負担金

特定共同指導・共同指導の指摘事項
15 厚生労働省の個別指導(1):調剤、調剤技術料、薬学管理料

16 厚生労働省の個別指導(2):薬局保険調剤の指摘事項

SUNBELL LAW OFFICE指導薬局監査

サンベル法律事務所
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-18
オオノヤビル7階
TEL 03-5925-8437
FAX 03-5925-8438